ネーミング&パッケージデザインコンセプト

「神宮寺ぶどうビネガー」&「神宮寺ぶどうシロップ」ネーミング、商品デザインコンセプト

「神宮寺ぶどうビネガー」「神宮寺ぶどうシロップ」

「交野神宮寺の特性と地元愛を大切に、デザインで感じる!」

今回、「神宮寺ぶどうビネガー」と「神宮寺ぶどうシロップ」のネーミングと商品コンセプト立案をしました甲斐 健です。

「ネーミング」と「商品コンセプト」においては、作り手である田中ぶどう園さんの「想い」を表現・具現化し、周囲に共感してもらえることがいちばん大事と考えました。

田中さんの「想い」とは、
・「高齢化等により縮小傾向にある交野・神宮寺のぶどうづくりをなんとかしたい」
・「今回の自らのACTIONを他のぶどう農家と共有していきたい」
というもの。

地方の小さな一ぶどう農家が新商品を発売するとき、十分な広告宣伝費を捻出することはほぼ不可能。
まずは、インパクトのあるネーミングとデザインで話題性を創出する手法も方向性として検討しました。
が、田中さんの「想い」を伝え広げていくために、地元にこだわった世界観を追求する方向を選択。
「神宮寺」という、大阪府交野市のぶどうの産地名をストレートにネーミングとし、デザインもどこかノストラジック(郷愁)でありながら品質感を感じさせるものとしました。

他にもユニークなネーミングを考えた上で、(いっぱい考えました!)、あえてストレートなネーミングとしたのにはもうひとつ理由があります。
それは、今回の商品が田中さんだけのもので終わるのではなく、他のぶどう園さんと連携して拡大していくことを可能とするため、すべてのぶどう園さんが使用できる「神宮寺」というプロジェクト・ネーミングにしたことです。

今後、他のぶどう園さんが参加される場合、「神宮寺」に田中さんの屋号である「實」マークが一体となっているように、それぞれのぶどう園さんの屋号を「神宮寺」とセットにすることができるのです。
これにより、各ぶどう園をアピールしながら「神宮寺」全体のアピールも同時にできるというわけです。

こうした地元への強いこだわりは、一気に全国レベルに周知されなくとも、まずは地元で支持されたのち、さまざまなPRとともにゆっくりと拡大周知されていくものと考えています。
地元に「こんな商品ができた」というニュースが、産地である神宮寺だけでなく、交野市全体の活性化にも結びついていくのではないでしょうか。

ネーミング、 商品コンセプトデザイン
クリエイティブディレクター 甲斐 健(Takeshi Kai)

「神宮寺ぶどうビネガー」&「神宮寺ぶどうシロップ」ラベルデザインコンセプト

「交野神宮寺田中ぶどう園」ぶどう酢(ビネガー)ラベル

「宝物のしるし」

交野山のふところに抱かれ、神さま・自然・人から大切に見守られ、育てられてきた神宮寺のぶどう。
そんな自然の恵み、人びとの思いがぎゅっと凝縮されたぶどう酢/シロップである「神宮寺の宝物のしるし」、「交野の贈り物のしるし」となるラベルデザインを心がけました。

神宮寺は子供の頃からの散歩コースで、水平に力強く広がるぶどうの木を眺める一時が大好きでした。
そんな愛着ある神宮寺ぶどうのプロジェクトに関わる事ができて、今回はとてもうれしく思っています。

自然と田中家の愛情たっぷりに育てられた神宮寺ぶどうは、とてもまろやかでやさしい味。
ぜひ、たくさんの人たちに新しく生まれたぶどう酢/シロップを味わっていただき、神宮寺から交野、交野から日本全体がますます元気になることを願っています。

ラベルデザイン 青山 由佳(Yuka Aoyama)

ラッピングは、こんな感じです♪

お買い上げいただいた時のラッピングイメージをご紹介♪
かわいらしいラッピングは、大切なあのひとへのプレゼントに最適です。

透明フィルムの袋のラッピングでかわいい!

透明フィルムの袋のラッピングでかわいい!

透明フィルムの袋入りだから、パッケージデザインやビネガー&シロップの色がきれいにみえます♪
購入いただく方の笑顔を想いながら、ひとつひとつ、ていねいにラッピングしました。

神宮寺ぶどうビネガー(デラウェア)と神宮寺ぶどうシロップ(デラウェア)のラッピング例

神宮寺ぶどうビネガー(デラウェア)と神宮寺ぶどうシロップ(デラウェア)のラッピング例

手提げ紙袋の中に、「神宮寺ぶどうプロジェクト」のリーフレットを入れてお渡しします。
手提げ袋のシールには、「田中ぶどう園」の「まる實」ロゴマーク入り。
透明フィルムからは、やさしいデラウェアの色あいがすけて見えます。

神宮寺ぶどうビネガー(ピオーネ)と神宮寺ぶどうシロップ(ピオーネ)のラッピング例

神宮寺ぶどうビネガー(ピオーネ)と神宮寺ぶどうシロップ(ピオーネ)のラッピング例

手提げ紙袋の中に、「神宮寺ぶどうプロジェクト」のリーフレットを入れてお渡しします。
手提げ袋のシールには、「田中ぶどう園」の「まる實」ロゴマーク入り。
透明フィルムからは、うつくしいピオーネの色あいがすけて見えます。

Pocket