ぶどうができるまで

ぶどう棚に実るデラウェア

ハウス栽培のぶどうができるまで

ぶどうを育てるのはとても手間がかかり、体力的にもつらい作業です。
それでも愛情かけて育てたぶどうが元気に育ち、実をいっぱいつけた時のよろこびはひとしお!
「田中ぶどう園」のハウス栽培のようすを、ご紹介します。

1月~3月の作業

1月~3月の作業

1月から2月
ハウス用のビニールの準備
数軒で組を組んで、各家のハウス張りを協同で行う。
※ハウス張りのような大変な作業は、農家同士で助け合って共同で作業をする。
→結という制度でいまでも残っている。
3月
鳥よけの網を天井へ張る。
時期が遅くなると、ぶどうの新芽が伸びて、網張作業が困難になるため、天井はこの時期に張っておく。

4月の作業①

4月の作業①

芽かき(余分な新芽を間引く)。
肩きり(ブドウの房の形を整える)。
ツル押さえ(新梢を棚の線に括る)。

4月の作業②

4月の作業②

シべレリン処理1回目。
一房一房を適期かどうか見ながらの処理を、約2週間続ける。
シべレリン処理は、種を抜くために成長促進剤(商品名 ジベレリン)を房に含浸させる作業。
1回目の処理は、含浸したかどうかを判別するために、赤い食紅を混ぜ色を付ける。

(1つの房に行う作業)
肩きり⇒ジベレリン処理2回⇒傘着せ 述べ4回
約1,000㎡に1万房
耕作面積全体⇒5,000㎡×1万房/1,000㎡×4回=200,000回の作業
※栽培の作業は、これ以外にも⇒芽かき、枝押さえ、摘芯、間引き、粒間引き(大粒ブドウ)

5月~6月の作業

5月~6月の作業

5月
2回目シべレリン処理(一日で終わらせる)後、雨や虫除けのため、房の上に紙の傘をかぶせる。
6月
熱気を少しでも逃がすため、ハウスの天井ビニールを3枚に1枚の割合で抜いていく。

6月中旬~8月下旬まで収穫販売

6月中旬~8月下旬まで収穫販売

朝6時半ごろ、収穫。
収穫後、悪いところを所を取り除き、大きさごとに分けて、机上に並べる。
デラウェアは、6月中旬~8月中旬収穫。
ピオーネは、7月下旬~8月下旬収穫。
シャインマスカットは、7月下旬~8月下旬収穫。
ハニービーナスは、8月上旬~8月中旬収穫。

9月~2月上旬までの作業

9月~2月上旬までの作業

9月
ハウスビニール外し、ボルドー散布。
10月
有機配合肥料・牛糞堆肥・もみ殻 鋤きこむ。
※10月の肥料は大切 実を成らすことはすごく栄養を使合うので、来年に向けて栄養を蓄えてて置く必要があるので、シッカリ肥料を与えてやる。
11月
剪定始まる~2週間。
12月
剪定シバ燃やし。
1月中旬
ハウス用のビニールをサイズに合わせて切る。
ハウス 硫黄合剤散布(ダニの予防)。
2重のハウス張り。
2月上旬
1重ハウス張り。
これ以外にもシーズンオフには、ハウスのパイプ補修・苗木の植え付け等維持管理作業がある。

「田中ぶどう園」のある日の作業風景(2015年5月撮影)

2015年5月のある日、「交野タイムズ」さんから直撃取材を受けました。

Pocket
LINEで送る